節電・節約 窓に貼る断熱ウインドウフィルム

mainimg02.jpg窓フィルムで節電!! 「窓からCo2削減」

  から始めるお財布にやさしい、節電対策!!

 

【エコ断熱フィルム夏の効果】
夏場の停電・使用制限によるエアコン冷房STOPで、室温50℃の猛暑対策に!20℃涼しくなる断熱フィルム
2011_4_top01.gif
  

夏の効果2.gif

紫外線の害が叫ばれている今、注目を浴びているのがeco断熱フィルム。
可視光線は遮らず、光をふんだんに取り入れ、人体に有害な紫外線UV−A、UV−Bを98%以上カットします。日焼けによる肌あれ(シミそばかす)防止に効果大。住宅はもちろん、美容室や飲食店、コンビニエンスストアにも顧客満足度の向上や商品の日焼け防止のため、取り入れられています。

 

 

 

 

 ●節電対策で、光熱費節約!                      

 

夏の効果3.gif eco断熱フィルムは、夏の暑さの原因、直射日光に含まれる赤外線を90%カットするので、涼しく快適な空間を実現します。エアコンの効きも良くなり、冷房費を大幅に削減できます 

夏の効果3−1.gif

 

 

白内障対策!お肌に やさしく、家具も日焼けしません!

 

夏の効果4.gif 

 

女性やお年寄り、お子様の大敵、紫外線。 白内障やシミ、そばかすの原因になる人体になる有害な紫外線UV−A、UV−Bを99%以上カットします。目やお肌に良いだけでなく、家具の日焼けも防ぐので大切なインテリアも守ります

 

 

 

2011_4_top02.jpg 

 

top_winter09.gif

 

top_media06.gif

 

 

住宅省エネ6301244.jpgの重要性と地球環境

 人が幸せに暮らしていく為には、自然とうまく付き合うことが大切です。
自然の光や風を取り入れ、時には台風や地震などの自然現象をうまくかわしながら、暑さ・寒さを和らげる工夫をする必要があります。
 建物の各部門の中で、これら自然と接触する重要な箇所が窓ガラスなどの開口部です。


すずしい風や心地よい光を取り入れるのも窓ガラスであれば、飛来物によって破損し、人体に影響を与えるのも窓ガラス、また室内にけだるい暑さをもたらす太陽光線を取り込むのも窓ガラスです。


 このように、窓ガラスが構築する開口部はなくてはならない部門でありながら、そこには人間を不快にさせ、危険を脅かす窓口になっています。


 そこで「ウィンドウフィルム」という製品が登場します。
フィルムの中で日照調整フィルムは、これら開口部に絡む諸問題を解決し、人間が自然とうまく付き合っていくという観点で、非常に意義のある製品であり、この製品を正しく理解することが求められます 。

 

節電! 省エネ断熱フィルム


省エネフ断熱フィルムを窓ガラスに貼ることによって、太陽の放射熱の室内への侵入を抑え、冷房負荷低減に貢献します。また、強い日差しを抑えるものもあれば、不快感を与えない程度の光を取り入れ、且つ太陽熱を効果的に遮るフィルムもあります。全ての省エネフィルムは有害な紫外線をカットし、室内調度品の色褪せ防止にも役立ちます。

 

               開口部、熱の侵入・流出の様子 

 

 

<熱は窓ガラス等の開口部から侵入する割合が一番大きい>

一般住宅に侵入する熱の中で、ガラス等開口部から侵入する熱量が全体の約半分を占 めています。開口部の熱の侵入を抑えることが、如何に重要であるかが分かります。
 太陽エネルギーは、ガラスを透過するもの、吸収されるもの、反射されるものに分か れます。 

 


開口部にフィルムを貼ることによって、開口部の熱移動を防ぎます。
部屋内の温度が保たれるから、エアコンへの負担が減り節電対策になります。

 冷暖房費用の削減、CO2の排出を抑えて、省エネにもつながります。